出産祝い豆知識

出産祝いや子供服を選ぶなら

出産祝いや子供服を選ぶなら

自分の子供への贈り物ではなく、家族や友人、職場の同僚などに贈る出産祝いとなると、どれくらいの額のものが良いのか、また何を贈れば喜ばれるのかが悩めるところです。
やはり、まずはベビー服を贈るのが良いでしょう。
自分の子供の服となると、可愛い服が欲しいと思いながらも、デザイン性のある物になれば値段も高くなるし、短い期間しか着られない事を思うと躊躇してしまい手が出ないものです。
そこで、出産祝いに可愛いベビー服を贈れば喜んでいただけるはずです。
その他には、消耗品であり常にお金のかかってくるオムツとおしり拭きです。
こちらは、ここ数年前からおむつケーキというものが主流となってきているので、インターネットなどでも手軽に購入できるようになりました。
ベビー服と一緒にこの様な可愛くデコレーションされた消耗品を贈ると更に良いでしょう。
続いて子供服を選ぶ際に気をつけたいことです。
ついつい今の体型にあったサイズを見てしまいがちですが、子供の成長はあっという間です。
一年も経てば着られなくなる事は珍しくありません。
ですので、ワンサイズ大き目の服を選びましょう。
購入当初は少し大き目でも、それが逆に可愛く見えたりもします。
また、インターネット上のフリマや、各地域で開催されているフリマなどで掘り出し物をゲットするのも良いでしょう。
成長の早い子供の服を、いかにお手頃価格で購入し、長く着用できるかに重点をおくことが大切です。

出産祝いを選ぶのにお悩み中の方に

出産祝いを選ぶのにお悩みちゅうの方におすすめなのが、母親がもらってうれしいと思うものを贈ることです。
まずは子どもに使えるものです。
例えば生後半年経ってから着ることができる80cm以上のベビー服。
生まれてすぐに着るベビー服はすでに両親が買い揃えている場合もあり、大きくなってから着ることができるお洋服が喜ばれます。
また毎日何枚も使うよだれかけもうれしいものです。
さらには赤ちゃんをくるむ「おくるみ」や掛布団代わりに使う大きめのタオルも喜ばれます。
特にタオルは赤ちゃんが大きくなってからも使えるのでおすすめです。
そしてなかなか買うのが遅れてしまうのが絵本やおもちゃ。
出産祝いの時に持ち運べるサイズの絵本やおもちゃを贈ると、両親は急いで買わないで済みます。
次にあっても困らないものです。
例えば現金や商品券。
赤ちゃんを育てる際、かなりの金額がかかるのでこれらのものを贈ると両親は本当に助かると思います。
毎日使用するおしりふき等も多い分には困りません。
他にも母親向けに育児ポーチや授乳クッションなどを贈るのもいいかもしれません。
このように、出産祝いを贈る際は必ず両親のことを考え、本当に必要そうなものを贈るようにしましょう。

Favorite

ギフトのハムを用意する
http://www.hamukoubou.jp/category-gift.html

2017/1/6 更新